宮島

天の橋立、松島とともに日本三景として知られ、古来より神の島として崇められてきた宮島。厳島神社をはじめとする多くの文化遺産と、その背後に広がる自然との調和が醸し出す絶景を一目見るべく、国内外を問わず多くの観光客が訪れています。

2度にわたる火災を経験

13世紀には2度にわたる火災で建物が焼失するも、その後創建時の様式を忠実に再現することに成功し、現在に至っています。人工と自然が織りなす景観に加え、人類の創造的才能の傑作であり、今日の建築技術の発展に寄与した建造物の数々が審査員の目に留まり、1996年、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。