厳島神社

厳島神社と聞いて真っ先に思い浮かべるのが、海に浮かぶあの大鳥居です。厳島神社の鳥居は宮島のシンボルにもなっています。ここでは、大鳥居以外の厳島神社の見所をクローズアップします。

推古天皇の時代より鎮座

厳島神社と言えば、平清盛ゆかりの神社として認識している人も多いのではないでしょうか。その歴史はさらに古く、推古天皇の時代に創建されたとして伝えられています。推古天皇が即位した593年、本社と同時に創建された地御前神社は厳島神社の外宮として島外に鎮座しています。

平家一門が隆盛を極めていた平安末期、平清盛により社殿が寝殿造り様式に造営され、現在に至っています。当時は日宋貿易が盛んに行われていたことから、海上鎮護の神として崇められていました。